運営者情報

≪通販では買えない牛肉≫

松阪牛で年に一度決定する最高級牛が販売が開始された三重県津市にあるお肉屋さん「朝日屋」の前に、早朝から長い行列ができました。

朝7時、この日一番に行列に並んだ夫婦は、「子供や孫たちがそろう正月用に話題の牛肉を買いに来た」と話します。

通常は1頭100万円程度で取引される松阪牛ですが、この日はその20倍以上の値が付いた「けいこ号」が販売されると地元でも評判になっていたからです。

四日市市から車で来たという男性は、「東日本大震災で被災した兄弟に、日本一の牛肉を送って元気付けたい」と言いました。

 松阪市で毎年11月末に実施されるのが「松阪肉牛共進会」です。

全国的に名高い松阪牛のナンバーワンを決めるこの日は、日本一高い肉牛を決める日ともなっています。

2200万円で競り落とした「朝日屋」は21回連続で最高価格を付け、地元でも松阪牛の「朝日屋」として有名なお肉屋さんです。。

 「日本一おいしい松阪牛を日本一の価格で競り落としたかった」――。

セリに参加した朝日屋の香田佳永副社長はこう話します。

2011年に、同社が競り落とした最高価格は2010万円でした。

今年は昨年より190万円(9%)高い。

競り落とした瞬間に、会場はどよめき、拍手がわき上がったとそうです。

 2200万円を手にした生産者の深瀬好子さんは、昨年からセリに参加し、2年目でチャンピオンに輝きました。

「信じられない思いで、足が震え、涙が出た。景気が低迷するなかで、値段が高い牛ほど売れにくい状況が続いています。

餌代も高騰して、苦しい思いをしてきたが、今後も生産を続ける意欲になった」と話しています。


■www.牛肉通販.net運営者

年齢のせいか牛肉は「ロース」よりも、「もも」のほうがおいしく感じられる横山でした。

■E-mail:news1962online★yahoo.co.jp

※最近迷惑メールが多いので★を@の小文字に変更して下さい

■住所:東京都世田谷区

牛肉通販【絶品和牛】各店のお勧め人気ランキングはこちらです。のTOPに戻る