和牛【今半】のお取り寄せ

老舗の和牛専門店といえば「今半」、なんと明治28年に高級黒毛和牛専門店の牛鍋屋として開業したんですね。

当時、明治時代にすき焼屋を始めた店で「今」の文字を使う店が沢山あったんです。

明治時代といえば、牛肉を食べる文化が出来た頃、東京に持っていくと、どんな牛でも売れるということで、正規のルート以外かもら牛が入ってきたんですね。

正規のルートでないというのは、実は病気で死んだ牛だったんです。

ほかにも、老衰でとても食に適さない牛などさまざまな牛が正規外で持ち込まれました。

当時、明治政府から認められた牛の食肉工場が今里町(現、芝白金付近)にありました。

そこで、今半は今里町から来た牛肉だけを使用しています・・・と言う意味と当時流行った今様(いまよう)と言う語句の「今」の文字を使ったと言われています。

そして、「半」は創業者の名前が「半太郎」というところから屋号を「今半」としたのでした。

以上、「今半」名前の由来のご紹介でした。

ところで、この「今半」のオンラインショップ、今では様々な商品がお取り寄せできるんです。

大きく分けると「佃煮」「小分け惣菜」「精肉」「ローストビーフ」「牛肉味噌煮」「ハンバーグ」「カレーライス」「牛丼」といった感じでバリエーションが豊富に揃っています。


【佃煮】

明治の文明開化、江戸っ子が初めて出会った牛鍋の味。

その味を家庭でも味わいたいとの声にお応えして作られたのが浅草今半の牛肉佃煮です。

牛肉は全て国産牛を使用していますよ。


【小分け惣菜】

牛肉入り惣菜だけでなく、黒豆、昆布巻きなど・・・・・

バラエティ豊かな少量ずつの惣菜詰め合わせギフトです。


【精肉】

牛肉はその昔、養生の薬とたたえられた滋養溢れる食材。

特権階級だけのものでした。

やがて、文明開化の波は、私達の食生活にも「牛鍋を囲んで食す」楽しみを教えてくれました。

浅草今半の特選黒毛和牛の深くまろやかな味わいは今、皆様に食の「楽」をお届けしますよ。


【ローストビーフ】

浅草今半のローストビーフは黒毛和牛。

伝統の製法で一つ一つ丁寧に焼き上げた自信の逸品です。

柔らかくてジューシーな肉質は黒毛和牛ならではのもの。

今韓流の食べ方はわさび醤油ですよ!


【牛肉味噌煮】

元禄のはじめ、近江の井伊家が将軍家へ献上したのが始まりとされる牛肉味噌漬け。

浅草今半では、注文後いただいてから1枚1枚丁寧につけ込みます。

お手元に届く時が1番の食べ頃となるように調整されていますよ。


【ハンバーグ】

ハンバーグのお肉は日本3大和牛に数えられる米沢牛。

その旨みをぎゅーっと封じ込めたのがこのビーフハンバーグです。

ソースは和風、ホワイト、デミグラスの3種類の中からお楽しみください。


【浅草今半流洋食】

新し物好きの江戸っ子たちから愛される洋食を浅草今半流に。

じっくり煮込んだ牛肉は口の中でほろほろと、うまみがじわっと広がります。

【浅草今半流和食】

家庭で本格的な牛どんや炊き込みご飯を、手軽に味わうことが出来ます。

手間暇かかる牛すじも、簡単調理!

浅草今半流の和風調理シリーズは、忙しい毎日の味方です。


【その他】

◆牛肉佃煮入りビスケット

割下風味があとを引く、牛肉佃煮いりのビスケットです。

コンセプトは「大人のおつまみ・おやつ」。

お茶はもちろんのこと、お酒にもぴったりですよ。

お手みやげにもどうぞ。


<老舗和牛専門店「今半」の通販サイト>

『今半』牛肉・お取り寄せの公式サイトはこちら

『今半』ご贈答用はこちら

大切なあの人への贈り物に!高級黒毛和牛の牛鍋屋【人形町今半】



牛肉通販【絶品和牛】各店のお勧め人気ランキングはこちらです。のTOPに戻る